FPSで有利にゲームを進めるには投擲武器で狙える場所を覚えるのが重要

FPSゲームでは、


  • 攻めやすくするため
  • すぐやられない様にするため
  • 最初に抑えておきたいポイントを取るため

等、有利にゲームを進めるには、投擲武器で狙える場所を覚えるのが役立ちます。


このスピードでここ行くときついとか、この兵種でここからのスタートなら大体そのまま先に行けるとか、の判断もできる様になります。


覚えておかないと、ゲーム開始のスタートダッシュで通り抜けられるかも五分五分になってしまうし、スナが見てる時の選択肢が減ってしまいますし、敵が止まって投擲で狙える位置にいるのにスルーしなきゃならない、みたいな事になるので。


覚えるには?


投擲武器で狙える場所を覚えるには、動画で上げてる人がいたり、自分で練習マップに行って試行錯誤したりで覚えておきます。


実際のプレイ中に適当に投げて「あっここいけんだ」とか、「そんなところから投げて当たるんだ」とか、等々でも覚えていきます。


また、兵種によって飛距離が変わったりするので、メインの兵種で投げられる所から先に覚えておくのが良いと思います。


どの場所で使うか?


覚えた場所全てに投げれる程投擲アイテムは持てないので、基本は、敵がいるのを確認してから、投げます。


足音とか、声とか、射線へのちょい肩出し等々で敵を見つけて、それでもあんまり動かない時、に投げます。


こういう場合は1人敵の数を減らせるのが確定するレベルなのでかなり有利にゲームを進める事が出来ます。


また、投擲アイテムはクリアリング時に重宝するので、その意味でも適当に投げるのではなくちゃんと狙いがある時に投げます。


どういう攻め方されるか判断できる前


ただ、ゲーム開始直後とか、回数的に最初の方とか、次にこっちに突撃的な感じで攻めて来るなって思った時等は、敵がいるのが分かってなくても全然アリです。


一番最初に取られるときついポイントはありますし、回数重ねる前だとどういうパターンで攻めて来る人が多いのか分からないので。


あと、そこで外したとしても、落ちて来るのが分かったならば、相手的には次ゲーム以降もスタートダッシュしにくくなるので。


狙いがある時


また、次はこっち側攻めて来るだろうなって時等も、最初に投げとくのもアリです。特に、相手側がゲームとれてないってのが続いている場合など。


ゲームとれてないのが続くと、「1はきついから次は2にいこ」等違う攻め方したくなってくるので。


援護的にも使う


あと、取っときたいポイント援護的な意味合いでも使ったりします。


「攻めからも守りからも同じくらいの距離にとっときたいポイントがあるって場合」等は、味方のポイントマン系が中に入るのを援護(敵が中に入った時にできるだけ少なくしとく、とか、ダメージ与えておくという意味で)するために投げたりもします。


敵が入ってきてダメージ入ってるなら撃ち合いで有利なので。


すんごい大きくいうと、投擲武器で相手チーム全体の動きをコントロールする、みたいなイメージです。いや、そんな事は私もできてませんが。


立ち回りにも活用する


投擲アイテムで狙える場所を覚える=通る時に気をつけないとならない所が分かる、ので、攻めにしろ、守りにしろ、その場所を意識しながら立ち回りをする様にします。


見られた→移動しよ。ちょい下がろ。等。


見られたり、音聞かれたりしたのにずっとそこにいたら、投擲武器が飛んできてやられちゃうので。


また、逆に、ちょい顔見せしてすぐ離れて無駄に使わせる、とかもアリです。


守りだとすぐにはその場を離れられないとは思いますが、攻めなら基本自由なので狙えたりします。


まとめ


という事で、投擲アイテムで狙える場所を覚えるのは、


  • 攻めあぐねてる時の選択肢が増やせる
  • すぐやられない様にできる
  • もったいないやられ方をせずに済む

等々のメリットがあるので、FPSでゲームを有利に進めるためには結構重要です。


また、有利に、というか、他のプレイヤーと同等以上の条件でFPSゲームを遊ぶにはゲーム設定を上げた状態で遊ぶのが重要です。


ゲーム設定を上げていない状態と、上げている状態では、ゲーム中に得られる情報に差が出て来るので。


なので、ゲーム設定の項目も見直してみて下さい。


ゲーム設定を上げるとまともにプレイできなくなるって場合には、大っきめの費用がかかっちゃいますが、ゲームパソコン(ドスパラ)等にしてちゃんとゲーム設定上げて遊ぶ方が、FPSにハマって長い事やるならばおすすめです。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

ゲームパソコンはこちら(ドスパラ)


自作のパーツセットはこちら(ドスパラ)