FPSのクリアリングのコツは要所要所で投擲アイテムを使う事

FPSゲームのクリアリングの基本はマップ毎に射線を覚えて、常に射線が1つになる様に動く事ですが、どうしたって射線が二つ以上できてしまう所があります。


二つ以上あると安易に前に出れないし、どっちから見るとしても先に撃たれちゃう可能性があるのでクリアリングも結構難しいです。


なので、そういう場面になったら、投擲アイテムで敵がどこにいるかを確認(索敵)します。


投擲アイテムで索敵するのはFPSのクリアリングのコツって感じです。私的には。


と言っても、投擲アイテムを持てる数は限られているので要所要所で使用します。


どこに敵がいるか見当がつかない状況で使う


ゲームが始まったら、敵の位置が限定できる情報が色々と出てくると思います。


足音とか、ミニマップの赤ポチとか。


それらの情報でどこに敵がいるか分かる場合は、射線を1つづつ消しながら見れたりする事が多いのでクリアリングもそんなに問題ではないと思います。


クリアリングが必要なのは前出ると射線が二つになったり、ゲーム開始後少し経って音がしなくなった時等、どこに敵がいるのか判断がつかなくなった時だと思います。


そういう状況だと、マップを覚えた時に確認したマップ毎の射線を意識しながらクリアリングするぐらいしかやれる事がなくなってしまうので。


そうすると、敵と出会った時の撃ち始めが五分五分みたいな感じになってしまいます。相手も自分もいきなり出会うという状況なので。


そういう「どこに敵がいるか見当がつかない時」には投擲アイテムを投げて索敵します。


投擲アイテムを投げると、状況によっては相手が声を出すからです。


やってるFPSゲームによっては投擲で声が出ない物もあると思いますので、その場合にはこの記事の内容は使えないです。


また、声出しても方向感が分からなかったら意味ないので、ゲーミングヘッドセット(ドスパラ)等、ヘッドフォンをつけて遊んでるのが前提になります。


投擲アイテムで声が出る


私がやっていたFPSゲームでは、敵が一人の場合は、投擲アイテムを投げても声は出さなかったですが、ある程度近い距離に味方(敵の)がいる場合には、投擲アイテムが投げ込まれた時には声が出る様になっていました。


これは自分で声を出すわけではなく、ゲームの仕様だから出ちゃう、という感じです。


なので、ミニマップでも新たな情報が出て来ないし、音も何もしなくなった時などに使うと、新たな位置情報が得られて敵の位置が分かります。


「声が出た」という事は敵がいる方向(位置)が分かりますし、更に二人以上いるんだなって事が分かるので。


設置ポイントの中に攻め込む時の情報が欲しい時


設置ポイントとかの中に放り込めば、声がしなかったら一人もしくは0人、という事が分かって攻め込むのがかなり楽になりますし、声がしたならば二人以上いるのが分かるし、その内一人は位置も分かる様になります(声による方向感で)。


声が出て二人以上だったとしても、残り人数の確認とかその他の敵の位置情報を加味して考えると、そこにいるのが二人なのか三人なのか四人なのかある程度の見当がつく様になります。


そうすると、人数的に有利なのか不利なのかが分かり、立ち回りの判断が楽になります。


きつかったら移動しても良いし、イケそうだったら様子見しながら攻め込んだり。もしくはその声が出た敵を倒してから中に入ったり。


って事で、投擲アイテムで索敵すると、中に入るまでもなくクリアリングできるのですごく有利に立ち回れる様になります。


あまりに近いと前出られてきついから注意


索敵できるからと言って、敵がいそうだなって場所(索敵したい所)からかなり近い所から投げようとすると、敵が前に出て来たら簡単にやられちゃう状況になるので気をつけて下さい。


これは、


  • ピンを抜いた音は相手に聞こえている
  • メイン武器から投擲アイテムに切り替えた時の音も聞こえている
  • メイン武器にすぐ戻しても撃てるまでにちょい時間がかかる(何かアクションがあったりして撃ち始められるまでに時間がかかります。)

ためです。


なので、投擲アイテムで索敵する時は、


  • 味方が後ろにいて援護してもらえる場合
  • 敵が出て来てもすぐ射線から外れられる場合

等々にする様にして下さい。


※聞こえる音の種類が多いかどうかはサウンドカードやサウンドデバイスの使用の有無とゲーム設定をどの様にしているかで変わって来ます。


FPSでは音の種類が多いとこういった立ち回り時に情報多くて有利なので、サウンドカードやサウンドデバイスの使用は結構必須レベルです。


使っていない場合は、使うのがおすすめです。


人気のサウンドデバイスランキング(ドスパラ)


「いそうだな」ってポイントに投げ込まなくてもOK


あと、索敵目的で投擲アイテムを投げる場合は、「いそうだな」ってポイントに投げ込まなくても大丈夫です。


近くにいれば声を出すので。


なので、手前にクリアリングしたい場所があって、奥に投擲アイテムで狙いたい場所があるって時は一石二鳥的にもできます。


投擲アイテムが上を通っただけでも声を出すので。


ただ、この場合は、上述した様に投げる時の状態に気をつける様にして下さい。


手前の敵がタイミング合わせて出て来たら、自分は何もできない状態なので。


ダメージが与えられる投擲アイテムのみ


あと、声を出すのは、ダメージが与えられる投擲アイテムの場合です。


煙幕系とかダメージ与えられない物は基本声は出さないです。


まとめ


という事で、投擲アイテムは、倒す目的で投げるだけじゃなく、どの方向に敵がいるか、二人以上なのか、いても一人なのかを確認するためにも使えます。


こういうのは遊んでるFPSゲームによって仕様が違うとは思いますが、そのゲームでも投擲アイテムを投げた時の反応が決まっていると思うので、意識しながらプレイしてみて下さい。


どういう状況だとどういう反応があるかが分かれば、それを利用してクリアリングや立ち回りをすると有利な状況でプレイできます。


という事で、FPSのクリアリングのコツは、私的には要所要所で投擲アイテムを使って索敵する事です。


FPSやる上で
重要な部分
関連記事 商品ページ
(外部サイト)
グラボ グラボの選び方 グラボの売れ筋
(ドスパラ)
サウンドカード サウンドカード
の必要性
サウンドカード
の売れ筋(ドスパラ)
マウス ゲーミングマウスと
普通のマウスの違い
ゲーミングデバイス
特集(ドスパラ)
PCスペック パソコン選べない時 ゲームパソコン
(ドスパラ)
回線速度 - ・関東ならNURO 光
・スマホがドコモなら
GMOとくとくBBのドコモ光

スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自作のパーツセットはこちら(ドスパラ)


ゲームパソコンはこちら(ドスパラ)