FPSの攻めで裏取りできそうなら一人スルーしてするのもアリ

FPSゲームで攻めでの裏取りをする時は一人スルーするのも結構有効です。


一人スルーするとマップの散り具合的にあり得ない所から攻められるので。相手側的には。


味方何してたの?的な感じで。


ただ、一番の問題は、スルーできる機会はめったにないって事です。


あるのは、開始直後の投擲で違う方向向いてた&スタートの位置が良かった&ポイントマン系でスピード特化の武器・防具の時、くらいです。


あと、煙幕系ですごいうまく投げてくれた時など。


それでもめったにないですが。


正面の射線に近い方の敵から狙う


めったにないですが、スルーできて裏が取れたって場合は、逆側からの射線(裏取りじゃなく普通に攻める側)に近い方の敵プレイヤーから倒す様にします。


すぐ気付かれちゃうと旨みがないので。


正面からの射線に近い敵だと、音がしても、裏から撃たれてるんじゃなく「正面の敵とバトってんだな」って思わせられる事が多いので。


なので、できるだけ正面の敵とバトってるって思ってもらえる様な順番で攻撃していきます。


攻撃されたプレイヤーはこっち向いたり、「どこ?」みたいな感じで振り返りますが、その付近の敵の味方は、まずこっち側は確認しないので。


音を冷静に聞けば分かるとしても。


味方のためのVCが必要


もう一つの注意点は、味方が勘違いしてそのまま入って来ちゃう事があるという事です。


一人スルーしてそのまま進むと。


勘違いというかマップ見てたら誰でもそう動くので仕方ないのですが。


なので、できるだけVCはしとく様にします。


それでも、攻めで裏取れたら速攻で勝負決めれるので、スルーして、すぐ挟み撃ち、もしくは人数減らすのは有効です。


少人数同士になった時のスルーも有効


また、スルーするのは、裏取りの場合だけでなく、少人数同士になった時も有効です。特に設置系のゲームモードの場合。


設置系のゲームだと、設置アイテム持ってる人が前行く事はあんまなく(設置アイテムを落として守られるときついので)、後ろのケアとか、あんまり意識なくついているだけになっている事があります。


そういう時に最初にクリアリングするプレイヤーをスルーして、後ろから来る設置アイテムの人を狙います。


設置アイテム守れると勝ちやすいので。


例えば、これも一種の裏取りみたいなもんですが、設置ポイントの入口を設置ポイントと逆のルートから見とく、みたいな状態です。
(いつもは敵が通る所だけど、状況的に今はこのルートは通らないで来る、みたいなポイント)


そうすると、クリアリング時に見ない方向で、実際に見ない事があるので一人目をスルーできます。


で、後ろのプレイヤーが来るのを待ちます。


で、音出さずに動いて、裏から一緒に狙う、とかします。


ただ、これも上述した様に、スルーすると味方も混乱するのでVCは必須ですし、味方の位置的に混乱させちゃいそうだったら、普通に一人目を倒します。


使うのは、自分が大ダメージ受けてて撃ち合いになったらきつい、とか、AIM上手い人が残ってて撃ち合いだときつい、とか、自分一人対複数人になっちゃった時などです。


守りで裏取りした方が良い場面はあんまない事に注意


また、裏取りについて記載しましたが、これは攻めでの裏取りの話で、守りの場合裏取りした方が良い場面はあんまないので注意して下さい。ゲームモードにもよりますが。


設置系のモードの場合、守りで裏行った方が良い場面はホントまれで、普通に守ってる方が良い、みたいな場面が多いです。


あと、仮に裏取りする場合は突っ込む必要があります。


これはゲームを続けていれば感じるとは思いますが。


って事で、FPSで攻めの場合で裏取りできそうなら一人スルーして、裏取るのも選択肢にしてみて下さい。


スポンサーリンク

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自作のパーツセットはこちら(ドスパラ)


ゲームパソコンはこちら(ドスパラ)