FPSゲームやってると調子悪くて全然当たんないって時がありました。

特に毎日レベルでやってた時。いつもと同じ様にやってるのになんか当たらない、とか。

たまにやると不思議と調子が良い事が多かったです。

で、全然当たらないと楽しめないのと、若干イライラが募って来るのでどうにか出来ないかな?って思ってたのですが、私が最終的に落ち着いた対処法は補助武器で何ゲームかプレイするって事でした。

補助武器でやると調子悪いのが改善されるのは、

  • しっかり狙う様になる
  • 集弾させやすくなる

って面があったからです。

しっかり狙う様になる

調子が悪いときのAIM調整で補助武器を使うのは、ヘッド部分をしっかり狙う様になるからです。

補助武器だと、ヘッド部分に当てる様にしても普通に撃ち負ける回数自体はかなり多くなりますが、それでも胴体を狙って撃つよりは確率が高いのでちゃんとヘッドを狙う様になります。

ヘッドに2、3発と当てていかないとほぼ勝てないので。

で、ちゃんとヘッドに当たるようになると、通常の武器に戻した時にAIMが勝手に調整されてる感じで、バンバン当たる様になります。

調子が悪いときは、

  • 照準が相手に合わない
  • ヘッドへの意識が少なくなってる

って事が多かったので、補助武器で何回かゲームやるとそれが調整されて私の場合は当たるように出来てました。

補助武器だと単発ずつ打つことになるので、ちゃんとヘッドを狙って撃つって意識になります。(連射速度の遅い補助武器)

なので、通常の武器に戻して火力が上がると撃ち勝てる様にできてました。

戻すと集弾させやすく感じる

あと、補助武器で何回かやってから通常の武器に戻すと、連射速度の違いがいつも以上に感じられて当てやすい感じになります。

なんでか分からないけど、いつもより集弾させやすくなってました。

10kgの物持った後に500gの物持つと軽く感じるみたいな感じで。

目は補助武器の単発の連射速度になってるけども、実際は通常武器の連射で撃ててるので、ちゃんと狙えてて火力も十分みたいな感じです。

FPSやってて調子悪い時は結構、「適当まではいかないけど荒く狙ってる」って部分があったと思うので、それが矯正される感じです。

なので、全然当たらない、とか、撃ち勝てないって時に補助武器で何回かやると「きちんと狙う」様に修正できて解決できてました。

という事で、FPSゲームでAIMの調子が悪いって感じた時は、補助武器だけで何ゲームかやってみるのはおすすめです。

私はAIM調整できてました。

FPSやる上で
重要な部分
関連記事 商品ページ
(外部サイト)
グラボ グラボの選び方 グラボの売れ筋
(ドスパラ)
サウンドカード サウンドカード
の必要性
サウンドカード
の売れ筋(ドスパラ)
マウス ゲーミングマウスと
普通のマウスの違い
ゲーミングデバイス
特集(ドスパラ)
PCスペック パソコン選べない時 ゲームパソコン
(ドスパラ)
回線速度 NURO 光
・スマホがドコモならGMOとくとくBBのドコモ光

スポンサーリンク