PC自作時に中古でも良いと思うパーツと新品購入の方が良いと思うパーツ

自作のPCパーツ購入時に中古という選択肢もあり、新品にするか迷う事があると思うので、個人的に思う中古でも良いパーツと新品の方が良いと思うパーツを以下に記載します。


が、基本は新品パーツを使用する方が安心かと思います。


また、全て例外はあると思いますし、以下の判断は私個人の経験って面も多分にあるので、本当に参考程度に留めておいて下さい。


中古でも良いと思うパーツ


  • メモリ:通常使用で壊れた事はなく、かなり古いメモリでも普通に使える。

  • CPUオーバークロック等をしていない通常使用なら個人的には中古品でもOKです。今までの使い方が分かる商品にしたり、販売店の評価が良い所にする必要はあるとは思います。

  • グラフィックボード:壊れても交換は容易でその他のパーツに制限が出ない(PCI Expressはどのマザーボードにもついているという意味です。)+グラボ交換のみで済むため。グラボに関しては性能上げるために交換して使ってきたので、故障しやすいパーツなのかしづらいパーツなのかは今いち分かりません。

  • キーボード:壊れても他に影響出づらい

  • マウス:同上

  • サウンドカード:同上+PCケース内部だけど交換の選択肢が多数ある(新しいマザーボードも古いマザーボードでもコネクタが同じなため)。参考までに今まで壊れた事はないです。

スポンサーリンク


新品の方が良いと思うパーツ


  • 電源ユニット:パーツに寿命があり、壊れるとその他のPCパーツの故障の原因になってしまったりするため。参考までに私は壊れた事はあります(電源供給が安定しなくなりました)。

  • マザーボード:電源ユニットと同じ様に壊れるとその他のPCパーツに影響大で、マザーボードを変えるとなると費用総額がかなりかかる事になったり(その他のパーツも変更せざるを得なくなる事があります。ソケットの問題など。)、マザボ交換となるとOSのクリーンインストール作業が出ちゃう事もあるので、自作するならマザーボードは新品が良いです。また、I/Oポートの端子の接続不良など寿命的な面もあるという意味でも新品の方が良いです。

  • HDD・SSD:データ系なため新品が良いと思います。

  • モニター:中古品でもそんなに問題ないとは思いますが、長い事使用する物なのと、壊れた時に捨てにくいので私は新品の方が良いかと思います。参考までに、私は電源が入らなくなった経験はあります。また、古い物だと使える端子が制限されたり、解像度やインチ数も選択肢が少なかったり、そんなに新品と値段が変わらない事もあります。ただ、物によりますし、モニターを新品にした方が良いとしたのは、完全に主観的な部分が強いです。また、中古で購入する場合にはその他のパーツと同様に何年使用されてきたか確認して下さい。

  • PCケース:PCケースも微妙な所で中古品でも構わない事もあるとは思いますが、私の場合はケーブルの接触不良ぽい事で電源が入らず原因が分からずかなり時間を喰った事があるので新品の方が良いかなと思います。結果的には私の場合はケーブルの寿命ではなかったのですが、やっぱりケーブルにも寿命的な部分はあると思うので。

オークション等で評価が良い方やショップで、どうやって使用していたかが分かるなら、上で新品にした方が良いと挙げたパーツも別に中古品でも良い事もあるとは思います。


が、私的にはPC自作するなら、電源ユニット・マザーボード・HDDは新品が良いかと思います。


また、上に挙げた「中古品でも良いと思うパーツ」も、購入後すぐに壊れる可能性は充分にあります。


なので、すぐ壊れた時に再度費用を払うのがきついパーツは、新品でかつ保証がしっかりある所にしたり、期限が短い場合もありますが、中古品でも保証がつく通販ショップもあるのでそういった所から購入する等、自分で納得のいく形で購入する様にして下さい。


新品にするか中古にするかは自己責任な判断になります。


以下、それぞれの補足です。


それぞれのPCパーツの補足


私の経験ではCPUがダメになってパーツ交換が必要になった事はありません。


今まで劣化系が出たのは、


  1. 電源ユニットの劣化
  2. マザボのLANポートの故障
  3. PCケースの配線の接触不良
  4. HDDの空回り

くらいです。


HDDやSSDはデータ系なので中古という選択肢はそもそも出ないかもしれないですが。


SSDに関しては劣化して使えなくなった事は今の所ないので中古の実際の所は分かりません、データなのでやっぱり新品の方が良いかなと思います。
(HDDと違いSSDは物理的な動きがないので、寿命自体は長いみたいです。が、私は新品にしています。)


メモリもCPUと同様に劣化による使用不可になったという経験はありません。


かなり昔のメモリも普通に使用はできていました。


新品にするか中古にするかのまとめ


中古品は一時的には安くなりますが、その他のPCパーツの故障の原因になる事があるので長期的には結構高くつく事もあります。


普通に寿命のあるPCパーツはあるので、あんまり今までの使用法が分からない様なパーツを使った時など思ったより早く交換になるという事もあります。


中古のPCパーツを使う場合にはやっぱり自己責任って感じになるので、PC自作後に知識もそれなりに必要なのと、それが原因で壊れても問題ない、もしくはちゃんと自分で対応できるって場合に個々人で判断して中古品を使用する、って感じになると思います。


各種PCパーツの売れ筋はこちら(ドスパラ)


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自作のパーツセットはこちら(ドスパラ)


ゲームパソコンはこちら(ドスパラ)