BTOパソコンのカスタマイズでゲームに影響の強い部分とあまりない部分

BTOショップのパソコンをカスタマイズする時にゲームに影響のある部分は以下の様な物です。
(ゲーム推奨パソコンなどの様に必要要件を満たしているパソコンの場合です。)


ゲームに影響の強い物


  1. グラフィックボード:グラフィックボードはゲームの場合一番影響の出るパーツです。ゲームアップデートで推奨スペックはどんどん上がっていくため、カスタマイズで性能を上の物にしても無駄にはなりづらいです。また、性能が高いとゲーム設定でかなりの項目を自由に設定できます。

  2. SSDSSDかどうかはゲームのロードの速さに影響があるためSSDに変更がおすすめです。BTOショップの場合SSDを選ぶとOSをSSDに入れてくれます。ので、パソコンの起動自体も速くなります。(注意書きがあると思うので確認して下さい。)

  3. サウンドカード(サウンドユニット)サウンドカードはゲーム中の音の方向とか距離感とかに影響があるので自分で増設する気がない場合にはカスタマイズしておいた方が良いと思います。USBで繋ぐだけで簡単なサウンドユニットもあります。なので、購入時にカスタマイズしなくても問題はないですが、ゲームをするにはあった方が楽しみやすいパーツです。

  4. CPU:ゲームの要件を満たしていれば問題ないけど、ゲームによってはCPU性能が高い方が良い事もあります。が、カスタマイズの優先順位は低いです。(推奨スペックを超えている場合)

スポンサーリンク


ゲームプレイ自体にはあまり関係ない部分


  • OS:ゲームの要件を満たしていればOK
  • メモリ:ゲームのスペックを満たしていればOK。一定以上なら多くなってもほとんど影響なし。
  • HDD(の容量):容量の多さ(GBやTBの数字)はゲーム自体には関係ないです。上述した様にSSDかHDDかなら影響が出ます。個人的にはOSを入れる所はSSD一択になっています。
  • 電源ユニット:余裕があるならSILVER、GOLD、PLATINUM等に変える。電源ユニットが壊れたり電源供給が安定してない状態で使用しているとその他のパーツ全体に故障が起きやすいため。550WのPLATINUMと750WのBRONZEでその後の拡張をそんな考えていないならPLATINUMに上げる方に費用を使う方が良いです。※が、後々グラボをハイエンド系にしようと思っているなら、W数は必要になるので電源の容量を上げておくのも考える必要があります。
  • 光学ドライブDVDしか使わないのか、BDも見るのか、やディスクに書き込むのか等で判断。パッケージのPCゲームの場合には必要です。
  • マウスゲーミングマウスに変えるのもあり。目当ての物があるならなし、またはデフォルトの物で。
  • キーボード:基本デフォルトの物でOK
  • 下取りサービス:任意
  • 延長保証:任意
  • グリス:通常使用(オーバークロックをしない)ならデフォルトでOK
  • リアケースファン:グリスと同様
  • PCケース:ケースも機能的にはデフォルトでOKです。が見た目やフロントパネルの端子にこだわりがあるなら変更。
  • マウスパッド:ゲームをする場合にはある程度広い方が使いやすい。滑りの違い等もあります。が後々購入でも値段があまり変わらないのでデフォルトでもOK。
  • セキュリティソフト:目当ての有料の物があるならなし、またはデフォルトの物。ゲームによってはセキュリティソフトでロードが遅くなる事もあるのでゲームのwikiサイト等でどのセキュリティソフトなら快適に遊べているか調べてみて下さい。

ゲームプレイにあまり影響のない部分で個人的にカスタマイズしておいた方が良いと思うのは、電源ユニットです。


ゲーム自体には関係ないですが、PCパーツの寿命に関わってくる部分なので。


私の場合は、ゲーム用に購入するパソコンのカスタマイズの個人的な優先順位は、
グラフィックボード≒SSD>サウンドカード>電源ユニット≒ゲーミングマウス≒セキュリティソフト>CPU
です。


という事で、ゲーム名で選べるショップのまとめ記事で書いた様な、BTOショップのカスタマイズで迷った時の参考になれば幸いです。


また、カスタマイズ時にはショップの注意書き(小さい「はてなまーく」等)を読んでカスタマイズして下さい。


ゲーム推奨モデルはこちら(ドスパラ)


スポンサーリンク


関連のあるその他の記事

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

自作のパーツセットはこちら(ドスパラ)


ゲームパソコンはこちら(ドスパラ)